狭小住宅でも開放感を味わいながら快適に暮らす

住宅の種類の中に狭小住宅と言うものがあり、幅が狭く窮屈なイメージを持つ人もいるでしょうが、工夫次第で快適な環境をつくることもできるものです。 例えば、幅が狭くても三階建てにして床面積を増やせば、生活スペースをしっかり確保することができます。 また、吹き抜けの構造にして開放感を出すことで、狭さを感じないようにすると言うのも工夫の一つです。建物の幅が狭い状態と言うのは、スリムであると言いかえることもできますから、建物の中においてもそういった意識を忘れずに、空間づくりを行うことで、窮屈さが出ないようにするわけです。 そういった意味では、階段に関しては、向こう側が見えるように抜けた造りにしておくと、スッキリとして良いものです。また、直線階段ではなく、螺旋階段にすることで、スリムな見た目になりますから、圧迫感や窮屈さは出なくなります。 また、家の中に段差をつけてメリハリをつけることで、空間に広がりを出すと言うのも一つの工夫と言えるでしょう。 その他、就寝スペースを確保する時には、二段ベッドを採用すると言うのも一つの手です。そうすれば、部屋が広く見えるものです。こういった、インテリアの種類に凝って空間を広く見せる工夫をすることも大切です。

Copyright ©All rights reserved.集合住宅はエレベーターの有無が重要.